医療法人社団 竹田眼科
〒064-0809 北海道札幌市中央区南9条西21丁目5番20号
電話:011-513-1000 ファックス:011-513-1001


電話:011-513-1000


ご不明な点はお気軽にお問合せください。
お問合せ

硝子体(しょうしたい)

硝子体(しょうしたい)手術

硝子体手術について

硝子体は「しょうしたい」と発音します。硝子体は99%水分のゲル状の物体で、例えて言えば、卵の白身のようなものです。眼球内の空間部分は硝子体で満たされています。網膜の病気はこの硝子体と関連していることが多いのです。硝子体を細かく切断しながら除去することで、病気の改善を図ります。

硝子体手術の方法

角膜から約3.5~4mm離れたところに、眼球に小さな穴を3ヶ所開けます。ここに道具の出し入れをするガイドのようなものを設置します。一つは灌流液用の穴です。一つは眼内照明に使う光ファイバー用の穴です。もう一つは硝子体を切断吸引するカッター用の穴です。

硝子体を取り除くと、眼球はペコペコに虚脱しますので、代わりに眼内液と似た成分の液を灌流用の穴から補充します。硝子体は液体に置換されても全く問題ありません。眼内は真っ暗な空間ですので、光を投じての操作が必要です。そのため照明用の穴が必要になります。それと同時に術者が眼底を見やすくするために、手術中は部屋の中を暗くします。カッターと呼ばれる道具は先端に近い側面に穴があり、ギロチンの要領で硝子体をちょっとずつかじっては吸い込むという動作を繰り返します。硝子体を一度にたくさん切除すると合併症の頻度が高まります。手術操作が大きいと、網膜に巨大な裂け目ができたり、重篤な合併症が起こることがあります。それを避けるために少しずつ丁寧に処理します。  

この手術で重要な事は網膜を乱暴に触らないという事です。網膜は脳と同じく中枢神経系で、神経でできている膜です。障害されると回復しないと言われています。疾患によってはあえて網膜を触る事はありますが、ダメージを最小限に抑えるために、優しく操作する事が必要です。そのため、眼内の状態を見ながらゆっくり、丁寧に手術を進めなくてはなりません。手術時間が予想以上にかかる事があります。

硝子体手術の適応になる疾患

代表的なもので、糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑浮腫、網膜前膜、黄斑円孔などがあります。これらの疾患は程度にもよりますが、通常の白内障などと比較すると「重たい病気」が対象となることが多いです。また、病気によっては眼内に気体を入れて、術後にうつ伏せなどの特殊な体位を取る事もあります。このため硝子体手術は入院で行うことがほとんどです。当院は国内ではまだあまり行われていない、日帰りの硝子体手術を取り入れています。しかし日帰り手術はすべての症例が対象となるわけではありません。症例によっては入院したほうがよい病気などもあります。適応についてはご相談の上、方針を決定いたします。

不明な点や、質問などありましたらお気軽にお申し出ください。